catch-img

字がきれいな人7つの特長

こんにちは。名古屋市、日進市の書道教室『田中書道学院』 広報担当です。

字はできるだけきれいに書きたいものですね。では、どんな人がきれいな文字を書くのでしょう。文字を書く時、いつも心掛けていることがあるのでしょうか。

今日は、字がきれいな人の特長を7つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。


目次[非表示]

  1. 1.筆記具の持ち方が正しい
  2. 2.姿勢が美しい
  3. 3.書き順を守り正しい文字を書く
  4. 4.美しい文字の形をイメージする
  5. 5.余白のバランスを把握する
  6. 6.文字を書く習慣をつける
  7. 7.読み手を意識する
  8. 8.まとめ


筆記具の持ち方が正しい

ペンの持ち方

字のきれいな人の筆記具の持ち方をじっくり見たことはありますか。美文字を書くのに筆記具の持ち方はとても重要です。握り箸のように親指を立てる持ち方では、見た目も良くありませんし、美しい文字が書けるとは考えにくいものです。

理想的な持ち方は、親指、人差し指、中指を一点に集めて、三角形ができる位置で筆記具をつかむことです。まずは、持ち方からチェックしてみましょう。


姿勢が美しい

姿勢

字のきれいな人は背筋が伸びた姿勢で筆記する習慣ができているようです。机から顔を離している方が文字全体を見渡せ、うまく書けているか確認しやすいからです。

文字のゆがみを防ぐには姿勢を正し、筆圧を安定させる必要があります。文字の大きさを均一にするためにも、手首はしっかり固定しましょう。
小指の付け根から手の側面を机に密着させると、とめ、はね、はらいの加減が調整しやすくなるので、基本となる画にメリハリが出て格好の良い文字になります。


書き順を守り正しい文字を書く

文字にはそれぞれ書き順が存在します。正しい書き順に従って書けば、上から下へ、左から右への運びが、最短でスムーズなはずです。どうしてもバランスが取りにくいと思う文字がある時は、一度書き順を確かめてみましょう。

厳密には、書き順が二つ以上存在する漢字と、楷書・行書で書き順が異なる漢字もありますが、大切なことは正しい文字を書くことです。まずは、平仮名からチェックしてみると良いでしょう。
お手本と自分の書いた文字を、重ね透かして見るだけでも、それぞれの画が正しい位置から始まっているか分かります。


美しい文字の形をイメージする

美しい字

字がきれいな人は美しい文字の形を記憶しています。まずは、文字を構成する線がしっかり書けているか確認しましょう。文字の中の縦線はまっすぐ引き、並行する横線があれば等間隔にするのがポイントです。

学校の書道で、筆の運びが速いところと遅いところがあったことを覚えていますか。

筆使いを思い出して書くことで、文字は美しくなります。
起筆の部分は斜め45度から始めること。左はらいは躊躇せずさっとはらい、右はらいは一旦止めてからゆっくりはらうこと。
こうした運筆の基本をしっかり念頭に置いて書けば、文字は生まれ変わります。文字本来の美しい形をイメージし、書き走りや殴り書きをせず、丁寧に文字を書きましょう。


余白のバランスを把握する

字がきれいな人は文字や文章を書く上で、文字内にも適切な空間を設け、文字と文字の間隔にも均等な余白を保持するよう心掛けています。
バランスを気にかけるだけでも、文字は見やすくなり、文全体がきれいに見えるものです。

余白の取り方は覚えこめるものではないので、文字を書きながら臨機応変に整えていくことが大切です。

また、横線は水平でなくやや右上がりに書くと安定します。このような、バランスの視点から見たコツも覚えておくと良いですね。


文字を書く習慣をつける

字がきれいな人が文字を書く機会に恵まれていることは間違いありません。

自分の文字に悩む人は、日頃パソコンやスマートフォンを使用し、あまり手書きの習慣がないのかもしれません。たまには、手書きならではの魅力を思い出し、親しい人へメッセージや自分のスケジュールを、いろいろな筆記具で書いてみましょう。

色鉛筆やボールペン、サインペンできれいな文字を書くには工夫が必要です。筆記具によって力の掛け方が異なることも覚えましょう。


読み手を意識する

字がきれいな人は意識が高く自分の文字にこだわりを持っています。同時に、その文字を見る相手方も強く意識しています。

周囲から「きれいな字を書く人」と評価されたい気持ちも、丁寧な文字を書く動機づけになります。読みやすい文字で、分かりやすいメモや文書を届けようとする配慮も、美しい文字につながるのです。


まとめ

字がきれいな人はいつも文字を書くことに集中しています。文字の要所要所に気を配りながら書くことで、美しい筆記が維持できているのです。

日頃から、覚え書きやサイン一つでも文字を書くチャンスと考え、なるべく丁寧に書きましょう。その際、持ち方、姿勢、書き順、イメージ、バランスのうち、いずれかのポイントが意識できるようになれば、美文字への改善が期待できます。

これらの特長をふまえて、きれいな字が書ける人に近づく努力をしましょう。

樵雲学園の「田中書道学院」では上記ポイントを指導しながら、字がきれいな人になれるお手伝いをしています。
ご興味のある方は、ぜひ教室をのぞいてみてくださいね!



名古屋市・日進市の書道教室『田中書道学院』

ペン字に興味のある方!ぜひ一度名古屋市の書道教室『田中書道学院』を体験してみませんか?授業見学受付中!ちょっとおためしができる「きっかけレッスン」も開講中!
樵雲学園

【赤池本部】 〒 470-0125 愛知県日進市赤池3-707

名古屋で書道・そろばん・中国語・幼児教室をお探しなら樵雲学園